価値観は変えられる


こんにちは。
大井きさこです。

最近コーチングのクライアントさんと話してて感じること。

昭和って長かったでしょ。
古き良き時代でもあり、
『おしん』に象徴されるような我慢の時代。
物質的なもの、目に見えるものに価値がおかれていた時代。
戦後の生活水準の向上を図り、合理性を追求する時代。

そんな時代からの影響を沢山受けてきた40代、50代の方々が、
昭和からの縛りから解き放たれて(昭和の大切ななものはそのままに)、
平成を飛び越えて令和の新天地へとどんどん移行していくのが加速されてます。

たとえば
〜せねばならない(楽しんではいけない、楽は堕落だ)
〜いかに合理的に処理するかに価値がある
〜自分を優先するのはいけない
〜人様のお役に立たなくてはいけない
などなど、誰もが根底にもってるようなもの

動かなかった価値観がどんどん変わっていくの。
今まで何だったんだろう?って思うくらいに、ものの見方が変わっていく。

見えてなかった世界に気づき、方向転換を図り、理屈を超えた希望へと繋がる。

置かれた状況の中で、試行錯誤しながらも諦めずに前へ進み、そして思いもかけない状況へシフトして行く。

そんなクライアントさんの進化の場面に共にいられることが本当に嬉しい。

そして、進化の速度は人それぞれ。
早ければいいってもんじゃないんですよね。
その方、その方のペースがあるので
そこは頃合いをみて、
クライアントさんが進めるタイミングで背中を押します。

ただ、なりたい自分に進化する人の特徴は
「素直な人」
「行動に移す人」
ですね。

能力は関係ないです。
年齢も関係ないです。
環境も関係ないです。

本当に素直に行動に移す人はどんどん変化して
どんどん進化して
家庭環境や
仕事環境
人間関係も整って
ハッピーになります。
何よりもそんなご自身を楽しんでいます。

自分の人生だけじゃなくて、誰かの人生に寄り添えるって本当に幸せだと思う。
コーチって有難い仕事なんです。